dai_01 いつからでしょうか。
日本にリーダーが育たないと叫ばれ始めたのは。
それを受けて、数年前からリーダー教育が
あちらこちらで開催されている。
リーダー教育のDMが毎日のように届く。しかし、その多くがMBAと言われる経営に関わる上で
必要となる「経営知識」を学ぶコースである。
「経営知識を身につけることで、リーダーになれる」と
断言するかのように。
確かに、ファイナンスや戦略論、マーケティングといった
経営知識が必要なのは言うまでもない。
過去の企業ケースをもとにしたケースメソッドで
企業経営の研究をすることも必要。

しかし、これだけではいけない!
経営知識の前にリーダーの土台になるところが軽視されている。
熱い思い、ひとを思いやる気持ち、
人間的な魅力、多様な価値観を受け入れる度量…
人と組織を率いるうえで、
リーダーに最も求められる資質であり、能力である。
リーダーとしての『礎』である。ここに着目していかなければいけない!
このリーダーになるための『礎』を大きく育てていきたい!
様々な機会を通して、この『礎』の大きな人材を創造していきたい!
その思いをもって、
特定非営利活動法人(NPO)超一流倶楽部を立ち上げました。

私たちの身近な先人や先達の生きさまから、
その「礎」を学ぶ。「魂と知の伝承」
私たちの身近な先人や先達の生きざまから、
自分はどうあるべきかに気づき学ぶ「礎の研修」
次世代の成長のために、
明日を担う跳躍のために、未来を創造し飛躍するために
そして、あなたの大きな「野望」の実現のために
特定非営利活動法人 超一流倶楽部が
前に進んでいるあなたの背中をそっと支えていくことが
できれば、私たちの最大なる喜びです!